ROADSTONE N blue ECO SH01
ROADSTONE N blue ECO SH01タイヤの特徴

ROADSTONE N’blue Eco SH01は、環境性能に優れたタイヤを目的に制作されたECOタイヤです。知人がN’blue Eco SH01に履き替えたので、乗ってみてということで試乗の機会を頂きました、ありがとうございます。それにしてもロードストーンタイヤ、やっぱり人気があるみたいです。まさかこんなに早く、ロードストーンタイヤのプレミアムタイヤからECOタイヤまで試乗できるとは、思ってもみませんでした。

ROADSTONE N blue ECO SH01

N blue ECO SH01(エヌブルーエコ エスエイチゼロワン)は、細かいトレッドデザインにより、排水性に優れ、濡れた路面でも高い制動力と直進安定性を発揮します。また燃費性能にも配慮されていますので、環境にもやさしいタイヤです。というタイヤメーカーさんのセールストークですECOタイヤなので高速道路のタイヤ性能評価はしませんでした。高速道路代、とくに首都高代が高いので、ECOタイヤの場合、高速代を節約しま~す(汗)

ROADSTONE N blue ECO SH01タイヤのデザイン

ROADSTONE N blue ECO SH01のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

ROADSTONE N blue ECO SH01の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

ROADSTONE N blue ECO SH01タイヤの性能評価レビュー

ROADSTONE N blue ECO SH01の性能は?ECOタイヤなので、今回は、高速道路と首都高テストは無しということで一般道のみのレビューです。走ってみると、なるほど、静かで、乗り心地が良いタイヤですね。突き上げ感もタイヤノイズも静かで、イイ感じです。どちらかと言えば一般道では、コンフォートタイヤかなというのが感想です。コーナーを攻めてみると、チョットグニャリ感があるかなでもECOタイヤとは思えないほどグリップしてくれます。ECOタイヤの特徴は、一定走行からアクセルを抜いた時の減速度合いで、結構判断が付くんですよね。今回はテストなので、60キロからニュートラルにして40キロになるまでのタイムを計測します。減速しないほどタイムが伸びることになります。今まで試乗してきた、データーもあるので実際のタイムデーターでどの程度のECOタイヤ性能を持っているかが分かります。もちろん空気圧がとても関係するので、空気圧管理をしてからの測定です。測定してみると、チョットビックリ、ROADSTONE N blue ECO SH01タイヤの転がり抵抗係数はギリギリ「A」という結果に今までECOタイヤをたくさん試乗テストして来ましたが転がり抵抗係数の「A」は、乗ってみてもあまりECOタイヤの感覚が分からない程度なんです。「AAA」になると、履き替えて走ると減速しないので、アクセルを抜いてから、前の車との車間が迫ってきて始めは、慣れないと危ないくらい減速しないんです。それぐらい転がり抵抗が違うタイヤなんです。「A」は、ほとんど感じられない程度なんです。なので、確かに「A」はECOタイヤなのですがそれほど燃費には関係しない転がり抵抗なんですよね。ROADSTONE N blue ECO SH01をECOタイヤとして選ぶと期待外れになってしまうかもしれません。ですが、ROADSTONE N blue ECO SH01というタイヤ乗り心地と静粛性はピカイチのタイヤでそれにグリップ力もあるタイヤなのには驚きました。さすがNEXENタイヤのセカンドブランドだけのことはあります。NEXENはもともとグリップ力が高いタイヤを作っていましたからねその点は、さすがだな~っと思いました。ECOタイヤとしては、まだこのぐらいかなと思いましたがこのROADSTONE N blue ECO SH01タイヤは、タイヤカテゴリーをECOタイヤじゃなくて、コンフォートタイヤとしたらかなりレベルが高いタイヤだと思いました。

ROADSTONE N blue ECO SH01のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ROADSTONE N blue ECO SH01

更新日:2020年06月04日

価格が安いので、満足度は高いと思います。

安くて人気のROADSTONE(ロードストーン)N blue ECO SH01タイヤに乗ったタイヤ性能の感想と特徴 アジアンタイヤでした。